スマートフォン用の表示で見る

重光葵

一般

重光葵

しげみつまもる

昭和戦前、戦後の外交官政治家

東京裁判ではA級戦犯の一人として有罪判決を受けたが、服役後には再び政治家として活躍し、処刑された戦犯との対照をなした。そのため同裁判による刑死者の名誉回復を考える立場から引き合いに出されることも多い。


経歴

1887年7月29日、大分県生まれ

1911年 東京帝国大学法科大学独法科卒業、外務省入省

1929年 上海総領事

1931年 駐華公使

1932年 暴漢の爆弾により右足切断の重症を負う。上海事変停戦協定を成功。

1933年 外務次官

1936年 駐ソ大使

1939年 駐英大使、戦乱のヨーロッパより日独伊三国同盟の危機を警告。

1941年 駐華大使

1943年 外相(東條内閣〜小磯内閣

1945年 東久邇宮内閣外相となり、9月2日降伏文書調印の全権として米艦ミズーリ号で調印。

1946年 A級戦犯として逮捕・起訴され、巣鴨拘置所に収監。禁固7年の判決を受ける。

1950年 仮釈放

1952年 改進党総裁 大分2区より衆議院議員選挙に立候補し当選

1954年 日本民主党総裁鳩山内閣副総理外相

1956年 日ソ交渉にあたるが不調。12月国連加盟に際し、日本代表として国連総会「日本は東西の架け橋となる」と演説。

1957年1月26日、湯河原の別邸で急逝、享年69歳。