スマートフォン用の表示で見る

重農主義

一般

重農主義

じゅうのうしゅぎ

国家において農業生産を重視する経済思想や政策のこと。18世紀後半にフランスケネーなどによって主張された経済思想である。国家の富の源泉は農業生産だけから生じるとの立場から重商主義を批判し、自然秩序および農業生産を重視する思想だった。