重連運転

一般

重連運転

じゅうれんうんてん

重連運転(じゅうれんうんてん)とは、鉄道において機関車が牽引力を増加させるときや急勾配区間などで2両以上の機関車を連結して、列車を運転することをいう。