宿澤広朗

スポーツ

宿澤広朗

しゅくざわひろあき

ラグビー選手・監督。

ポジションはスクラムハーフ

1950年9月1日生まれ。埼玉県出身。

熊谷高校から早稲田大学へ進み、主将として日本選手権連覇を果たす。ジャパンにも選ばれキャップ3を持つ。

卒業後、住友銀行入社。

1989年、ジャパンの監督に就任。初戦の相手スコットランドからジャイアントキリング果たし、1991年ワールドカップでの日本唯一の勝利を上げ、ジャパン史上最高の指導者として君臨する。

1991年ワールドカップ終了後退任。

1994年早稲田大学監督就任。

その後、三井住友銀行専務執行役員を務める。

2000年に日本代表強化委員長に就任。2002年から2004年までは理事・会計役。

2011ラグビーワールドカップ日本招致実行委員会にも名を連ねる。

2006年6月17日心筋梗塞のため逝去。