出羽海

スポーツ

出羽海

でわのうみ

日本相撲協会年寄名跡の1つ。

初代は江戸時代力士で最高位は前頭筆頭だった出羽ノ海運右エ門。初代から5代までは出羽ノ海であったが、角聖と呼ばれた五代目出羽ノ海(元横綱常陸山谷右エ門)と同じ年寄名を名乗ることを畏れ多きことと判断した六代目(元小結両国梶之助)が、表記上のみノを外し、出羽海として継承した。これ以降、五代目出羽ノ海に対する敬意が今日まで代々受け継がれ、表記は「出羽ノ海」ではなく「出羽海」となっている。