スマートフォン用の表示で見る

出水兵児

一般

出水兵児

いずみへこ

鹿児島県出水地方の男性をさす言葉。

出水は薩摩藩の北端にあり、国境でもあるため、最も尚武の地と云われた。

薩摩藩最強の武士団を育んだ土地。

そこに生まれたものにとって、出水兵児は特別な言葉となっている。

その教えは「出水兵児修養掟」に今も残る。

広い順に、日本男児・九州男児薩摩隼人出水兵児といった感じである。