出版警察

読書

出版警察

しゅっぱんけいさつ

出版物の取締りをすること。日本では戦前あった警察活動の一領域で、納本とその検閲、発禁命令や差押執行などが具体的業務。明治初めは文部省が担当したがその後、内務省が担当。