俊寛

社会

俊寛

しゅんかん

日本の平安時代後期の真言宗の僧。平清盛討伐を話し合ったいわゆる鹿ケ谷の陰謀が発覚して鬼界ヶ島に流されて京に帰れぬまま没した。