春川ナミオ

アート

春川ナミオ

はるかわなみお

1932年大阪生まれ。日本で最も注目される男性マゾヒズム絵画の巨匠。

自営業のかたわら半世紀にわたって、SM雑誌等に独特のサディスティックな高貴で美しく豪奢な肉体の美女とそのお尻に敷かれる男の悦びを描き続けてきた。

ときに妄想が暴走し、2メートル超級の巨女とそのお尻にアクセサリーのようにぶらさがる妖精サイズの奴隷男といったファンタジーとして表現されることもある。