春道列樹

読書

春道列樹

はるみちのつらき

日本の平安時代中期の歌人。官人。

歌人として作品が「古今和歌集」に3首、「後撰和歌集」に2首入集している。