春風亭柳桜

一般

春風亭柳桜

しゅんぷうていりゅうおう

昭和27年10月22日、東京都港区生まれ。

陸上自衛隊、電気プラグ製造工場、パチンコ店、喫茶店、板前など様々な職業を経験。昭和54年春風亭柳昇に入門して落語家となる。前座名「春風亭柳太郎」。昭和59年、「柳太郎」のまま二ツ目に昇進。平成5年、真打ちに昇進して4代目「柳桜」を襲名

一方、20歳の頃から原因不明の難病、ビュルガー病を患って入退院を繰り返し、平成4年に右足、平成6年には左足を切断。両足ともに義足を装着してリハビリに励みつつ、平成7年にハンディを克服して高座へ復帰した。現在、寄席に出演するかたわら、全国各地の病院で講演会を行っている。著書に『不死身の落語家』(うなぎ書房)


不死身の落語家(はなしか)―笑いがお薬

不死身の落語家(はなしか)―笑いがお薬