静岡城 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

駿府城

すんぷじょう

静岡市葵区にある城址静岡城の古名。別名:府中城。

駿河国府が置かれていた場所なので、府中もしくは駿府と呼ばれていた。

戦国時代には大名の今川氏の居館が置かれていた。後、五ヶ国時代の徳川家康の居城となる。

家康の関東移封後に中村一氏が入り、関ヶ原の戦い後に再び徳川家の城となった。将軍職を秀忠に譲った家康駿府城に移り、大御所政治を行う。そのさいに駿府の町も城下町として整備されている。

家康の没後、紀州徳川家徳川頼宣駿河大納言徳川忠長を城主とするが、以後幕末まで駿府天領となり、駿府城には幕府直轄城として駿府城代が置かれていた。