スマートフォン用の表示で見る

準永久欠番

スポーツ

準永久欠番

じゅんえいきゅうけつばん

背番号を使用するスポーツの団体競技において、

永久欠番に準ずる形で、欠番として顕彰している番号。

現在の段階で欠番で無いものも含まれ、期間を限定するものと、無期限のものがある。

将来的に、永久欠番となる可能性を有する。

英語圏では「honored(honoured) number」と呼ばれる。

日本語的な言い換えとして「永久預かり番号」や「名誉番号」などと称されることもある。

定義

  • 別の人物競技において着用の際には、対象者の許可制である番号。
  • 後任の人物はそのチームの「生え抜き」のみ着用可能であると決定した番号。
  • 各チームが「永久欠番に準ずる」として欠番を決定した番号。
  • 永久欠番となったが、本人が辞退もしくは禅譲した背番号
  • 対象者が離れて以後、長期にわたり他者が着用していない背番号

海外での準永久欠番

MLB

引退・FA
退団(他球団在籍)

NBA

NFL

セリエA


*1:現在は片岡治大が着用。

*2:現在は杉内俊哉が着用。

*3大田泰示2014年まで着用していた。

*4永久欠番を打診されたが、球団内で異論が出たことと、金本自身が永久欠番とする事を断った。監督時代も着用。

*5:二軍監督時代も着用。

*6永久欠番を打診されたが、野村自身が永久欠番とする事を断った。現在は堂林翔太が着用。

*7:現在は丸佳浩が着用。

*8:現在は永川勝浩が着用。

*9:現在は山田哲人が着用。

*10永久欠番を打診されたが、大杉が広澤克己に禅譲した。現在は武内晋一が着用。

*11:コーチ就任直後に死去したため。

*12永久欠番を打診されたが、柴原洋禅譲した。現在は内川聖一が着用。

*13:現在は今宮健太が着用。

*14水島新司作の漫画『あぶさん』の主人公。架空の人物に対する準永久欠番。連載終了後の2016年水島の了解を得たうえでロベルト・スアレス?が着用。

*15:現在は井口資仁が着用。

*16:ベンチ入りメンバー25人に次ぐ、26人目のベンチ入りメンバーの意味。2005年度以降の欠番であるが「永久欠番」ではない。

*17:現在は藤谷周平が着用。

*18:現在は多和田真三郎が着用。

*19:伊東の推薦のもと2007〜2010年まで細川亨が着用。現在は炭谷銀仁朗が着用。

*20:現在は藤平尚真?が着用。

*21:引退後もコーチとして着用し、1986年まで欠番。

*22:現在は平野恵一が着用。

*231984年、現役中に永久欠番を打診されるも、固辞。現在は糸井嘉男が着用。

*24背番号が無い時代の人物としてハリー・ハイルマン?・サム・クロフォード?・ジョージ・ケル?ミッキー・カクレイン・ヒューイー・ジェニングス?も同様の扱いとなっている。

*25ブルージェイズは2008年現在まで、「レベル・オブ・エクセレンス」として対象者名と共に背番号を掲げている。GMのパット・ギリック?、球団代表のポール・ビーストン?も同様に欠番扱いとして顕彰されている。

*26アナウンサー。4306試合を実況した功績による。

*27セルティックスの18番はロスカトフの永久欠番であったが、永久欠番である事を本人が辞退した。後年、デーブ・コーウェンスの18番が永久欠番となる際に、準ずる形として共に顕彰されている。

*28シーホークス背番号は80は永久欠番であったが、2004年、移籍してきたジェリー・ライスがラージェントの許可の下、着用。ファンの猛反対を受けた。着用の際、ライスは「鳥肌が立った」と語った。

*29:チームへの功績を称え、2002年に欠番扱いとなった。現在はコルドバが着用している。

*30永久欠番となるが、2007年3月に自身が返上。チーム扱いとなる。