準住居地域

地理

準住居地域

じゅんじゅうきょていいき

都市計画法で定められた用途地域の一つ。

「道路の沿道などにおいて、自動車関連施設などと住居が調和した環境を保護するための地域」となれている。

 いわゆる自動車販売店、自動車修理工場、ファミリーレストランや大型物販店など、郊外のバイパス沿いのようないわゆるロードサイドビジネスと住居の調和を図った地域。

 住居地域というより商業地域に近い。客席部分の床面積の合計が200m²以下の小劇場やミニシアターも建てられる。