準天頂衛星システム

サイエンス

準天頂衛星システム

じゅんてんちょうえいせいしすてむ

Quasi-Zenith Satellite System、QZSS

従来の静止軌道衛星と異なり、上下非対称の8の字8の字軌道をとることで、高緯度地域上空を飛行できる衛星システム。

この準天頂衛星が3機以上あると常に日本上空に1機の衛星を見通せる状況を作れる。この衛星から発信される電波GPS電波を組み合わせることにより、都市部や山間部など上空視界が限られる場所が減るだけではなく、測位時間の短縮が可能となる。

2010年9月11日に技術実証を目的とし、準天頂衛星初号機みちびき (QZS-1)が打ち上げられた。