スマートフォン用の表示で見る

順位戦

ゲーム

順位戦

じゅんいせん

将棋界で最も歴史のある棋戦。持ち時間は各6時間。午前10時開始で1日制。そのため終局は深夜に及び、日をまたぐことも珍しくない。

主催は朝日新聞社毎日新聞社。協賛に大和証券グループ。

A級順位戦の優勝者は挑戦者として名人戦に出場できる。

年間の対局が保証されるという意味で棋士の基本的な収入源とされ、この棋戦での成績は重要視される。またクラスによって棋士の格が決まるため、毎年誰が昇級するか、誰が降級するかといった事が多くの将棋ファンの関心事になっている。

クラス

A級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組の5つに分かれて、1年間かけてリーグ戦を行う。

各リーグの成績上位者は上のリーグへ昇級、また成績下位者は下のリーグへ降級となる。

また最も下のリーグであるC級2組から降級すると棋士フリークラスに入り、規定の成績を収めなければ順位戦に復帰できない。*1

A級で1位の成績を残した棋士は名人への挑戦権を得るが、C級2組からスタートした場合は名人挑戦までは最短でも5年かかる。

リーグ内での順位が翌年の昇級、降級争いに影響するため1番1番が大きい対局である。

*1三段リーグ次点2回でフリークラスからプロになる規定があり、そうしたプロは順位戦に参加することが一つの目標となる。