スマートフォン用の表示で見る

初春飾利

マンガ

初春飾利

ういはるかざり

小説「とある魔術の禁書目録」およびスピンオフ漫画「とある科学の超電磁砲」の登場人物。

柵川中学校?に通う中学一年生。超能力レベルはレベル1、「触っているものの温度を一定に保つ」能力を持つ*1西葛西出身。

風紀委員(ジャッジメント)第一七七支部に所属し、白井黒子の同僚である。事件発生時には、白井黒子バックアップに務めることが多い。公務に私情をはさむ傾向がなきにしもあらずで、これが白井黒子との間に軋轢を生んだこともある。

情報処理技術が飛びぬけており、学園都市ではハッカー達から守護神(ゴールキーパー)と呼ばれている。

黒髪のショートカットで、遠くからでも目立つ花飾りをしている。クラスメイトの佐天涙子によくスカートをめくられている。


CV:豊崎愛生

*1アニメ第22話で鯛焼きを温めており、自ら能力を解説する描写がある。