スマートフォン用の表示で見る

所得倍増計画

一般

所得倍増計画

しょとくばいぞうけいかく

国民所得倍増計画のこと

1960年12月27日 池田勇人内閣の時に閣議決定

内閣時代の新長期経済計画よりさらに長期的展望のもとに、公共投資による民間経済成長と農村の近代化により農業人口を第2次産業人口に移転させることにより国民所得を10年間で倍増させるという内容。実施には4年間で所得倍増を成し遂げ、高度経済成長を実現させた。