スマートフォン用の表示で見る

所有と経営の分離

一般

所有と経営の分離

しょゆうとけいえいのぶんり

株式会社においては、株主が会社を所有するが、日常の会社経営は株主総会によって選任された取締役がこれにあたる。これを所有と経営の分離という。

自営業者のような原始的な企業活動においては企業の所有者と経営者は同一人物であるが、企業規模を拡大しようとすると、同一人物が資金と経営能力を同時に投入するにはおのずから限界が生じる。ここで所有と経営を分離すれば、資金を持つが経営に興味がない投資家投資をさせ、経営能力はあるが資金に乏しい専門家に企業経営を任せることができる。このようにして発明されたのが株式会社の制度である。