スマートフォン用の表示で見る

曙太郎

スポーツ

曙太郎

あけぼのたろう

第64代横綱、曙のこと。1969年生まれ。元力士

大相撲初の外国人横綱横綱在位1993〜2001年)。

優勝回数11回。通算成績654勝232敗181休。

ハワイオアフ島出身。花田兄弟とともに初土俵を踏み、現役時代もライバルであった。



2003年12月31日、Dynamite!!ボブ・サップ戦をデビュー戦として、K-1戦士に転身した。

2004年3月28日、K-1トーナメント2回戦で武蔵と対戦し、反則により減点され、判定負けに終わった。

2004年12月31日、Dynamite!!では初の総合格闘技ルールに挑むも、ホイス・グレイシーに敗れ、6連敗を喫した。

2005年3月19日、K-1アジアGP角田信朗からK-1初勝利を上げた。

2005年4月3日、世界最大のプロレス団体WWEの第21回レッスルマニアに出場。相撲マッチでビッグ・ショーに勝利

2005年7月2日、WWEスーパーショーにてプロレスデビュー。ビッグ・ショーと組みカリート&モーガン組と戦う

2005年8月4日、WRESTLE-1 GPで国内プロレスデビュー。グレート・ムタに敗れた。

2005年8月21日、全日本プロレス参戦。同年プロレス大賞新人賞武藤敬司とのベストタッグ受賞。

2005年12月31日、Dynamite!!ボビー・オロゴンと対戦するも、判定で敗れる。

2006年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会に参戦。


リスト::格闘家

リスト::プロレスラー

リスト::大相撲力士