スマートフォン用の表示で見る

緒方恵美の銀河にほえろ!

アニメ

緒方恵美の銀河にほえろ!

おがためぐみのぎんがにほえろ

ラジオ番組。パーソナリティーは緒方恵美。リスナーとパーソナリティーの2人3脚により、かなりの人気を博した伝説的アニラジ番組。この番組以降のアニラジ番組が受けた影響は多かれ少なかれ存在する。イマジニアから発売された、ゲームソフトメルティランサー」を原作テーマとし、ドラマも放送されたが、後半からはドラマもなくなり、『司令』緒方恵美のトークのみの30分番組となった。

声優ブームによるアニラジ多発時期の96年に放送開始。

第一回では、いま一つ既存の番組との差別化が感じられなかったものの、リスナーの投稿が送られてきた第2回目放送以降、下ネタの悪乗りとそれに伴うメインパーソナリティーの「新しい局面への目覚め」が想像を絶するほどの勢いを出し、番組はヒートアップしていった。

特筆するべきは、悪乗りに近い勢いで下ネタで番組が盛り上がったにもかかわらず、包み隠さず本音を語った緒方恵美によって、リスナーの「倫理観」「正義感」について考える良い機会を与え、そしてリスナーもそれを大事にしていった点である。それ以前のアニラジ番組で、リスナーの集いやコミュニケーションの極々一部で一般公共物への器物破損など事件性を生み出したりした事を考えると、この番組の行った事は面白い以外の局面でも偉大だと考えられる。

ちなみにこの番組の終了後、多くのリスナーがもう一つのエロ番組、久川綾のSHINY NIGHTに流れ込んだ。