スマートフォン用の表示で見る

諸行無常

社会

諸行無常

しょぎょうむじょう

仏教テーゼのひとつ。「この世のあらゆるものはすべて移ろい行く」の意。「形あるものは必ず壊れる」というようにあらゆるものは生じそして滅するという理。

[類]有為転変四字熟語

涅槃経に「諸行無常。是生滅法。生滅滅已。寂滅為楽」とあり、この部分を雪山偈という。



また平家一門の興亡を描いた『平家物語』の冒頭で

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を表す」

という一節に端的に表されているように、『諸行無常』はこの世の無常観、すなわち永遠に変化しないものはないこと、人の世の変わり易さを表現する際に用いられる言葉である。