女たちの戦争と平和資料館

女たちの戦争と平和資料館

(地理)
おんなたちのせんそうとへいわしりょうかん

アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(略称:wam)
慰安婦関係の資料の展示を行い「ジェンダー正義の視点で戦時性暴力に焦点をあてること加害責任を明確にすること」、「平和への活動の拠点にすること」などを目的に設立・活動しているプロパガンダ施設。設立主体はNPO法人「女たちの戦争と平和人権基金」。日本キリスト教協議会からAVACO(Audio Visual Activities Commission)センタービル内を提供されている。

常設展示として女性国際戦犯法廷の概要を説明するパネルとともに、アジア各国の「慰安婦」被害に関する企画展、日本軍兵士の証言、今も世界で続く戦時性暴力に関するパネル等を展示している。展示内容はほぼ年1回変更がある。企画としては、日本の中学生を対象とした「中学生のための『慰安婦』展」などがある[1]。この中学生向けの展覧会をめぐっては、2009年8月に三鷹市で開催した際に在日特権を許さない市民の会と小競り合いを引き起こしている。

2008年5月3日、「従軍慰安婦は国家組織の性奴隷」を趣旨としたガイドブックを出版した。

小泉純一郎が首相在任中の2006年8月15日に靖国神社への参拝をおこなったことを非難した]ほか、天皇制の粉砕を訴える集会も開催している。

概要

ネットの話題: 女たちの戦争と平和資料館

人気

新着

新着ブログ: 女たちの戦争と平和資料館