スマートフォン用の表示で見る

女真

社会

女真

じょしん

ツングース系の一民族。主に中国東北部から沿海州*1に多かった。旧称は靺鞨で、唐末のころから女真と称するようになった*2。のち、女直とも名乗る。17世紀に満州と改称した。なお、女真系の王朝としては金、清(後金)などがある。

金王朝

完顔部の首長であった完顔阿骨打が1115年に建てた。北宋と連携して遼を挟撃して滅ぼし、さらには北宋をも滅ぼして中国北部の支配者となった。文化的には女真文字を作るなどの活動を行った。

モンゴルによって1234年に滅ぼされる。

後金

建州女直*3首長ヌルハチ1616年に建国。明末の混乱に乗じて勢力を拡大。

1635年には民族名を満州族と改め、さらに1636年には国号も清と改めた。

*1:プリモルスキー、現ロシア共和国沿海地方

*2:厳密に言うと、靺鞨族の中の一部族女真と称するようになった

*3:マンジュ、満州と自称