スマートフォン用の表示で見る

女神異聞録ペルソナ

ゲーム

女神異聞録ペルソナ

めがみいぶんろくぺるそな

アトラスATLUS)より1996年9月20日に発売されたプレイステーションRPG

女神転生」「真・女神転生」シリーズから派生した、「ペルソナ」シリーズの第1作。

2009年4月29日には、「Persona (ペルソナ)」のタイトルでプレイステーション・ポータブル版が発売された。


続編に「ペルソナ2 罪・罰」「ペルソナ3」「ペルソナ4」がある。

また、携帯電話で外伝的作品の「女神異聞録ペルソナ 異空の塔編」が配信されている。


アトラスの代表作「女神転生」シリーズから派生してPSユーザーのハートを見事に掴んだ「ペルソナ」シリーズの第1作目が、「PSone Books」となってリリース。

御影町にあるエルミン学園に通う主人公はある日、友だちと「ペルソナ様」と呼ばれるコックリさん遊びをしたことで、自分の内に存在するもうひとつの力、ペルソナ(もうひとつの仮面)を使えるようになる。同時に、学校や街全体は突然異世界と化し、主人公とその仲間たちは激しい闘いの渦の中に身を投じていくのだった…。

悪魔を「仲魔」にして闘うのではなく、ペルソナをパーティーのメンバーに降魔させ、力を得ていく独特のシステムを持つ本作。ほかにも、マルチに展開していくストーリーやクォータービューの戦闘画面など、あらゆる面で新しい要素が取り入れられている意欲的な作品である。学園が舞台、パーティメンバーは人間同士なので、物語に学園ドラマ的な味付けがされているのも面白い。(皆瀬育郎)

Amazonレビュー