スマートフォン用の表示で見る

除夜の鐘

一般

除夜の鐘

じょやのかね

日本の風習で、大晦日の晩(日付の変わる少し前から、元日未明にかけて)、寺院の梵鐘を108回鳴らすもの。108は人間の煩悩の数とされる。寺によっては参拝者に撞かせるところもあり、この場合、108回という数にこだわらないこともある。