スマートフォン用の表示で見る

勝村周一朗

スポーツ

勝村周一朗

かつむらしゅういちろう

総合格闘家。1976年6月17日生。神奈川県出身

アマチュアリングスアマチュア修斗の二冠王に輝いた後プロへ。

修斗ZSTフェザー級で活躍する。

ZSTタッグマッチではHERO'Sでも活躍するレミギウス・モリカビュチスからタップを奪ったこともある。

2008年12月から自ら主宰するジム「グランドスラム横浜」をオープン

2009年1月 2年の歳月を跨いで総合復帰

2010年3月、上田将勝から一本勝ちし、第六代修斗フェザー級王者となった。



公式サイトの「かつどん日記」

http://procland.com/katsumuracom/diary.htmが大好評を得て、その後


ブログ「“リアルタイガーマスク勝村周一朗

http://blog.livedoor.jp/zst_katsumura/

に移行。(タイトルに「リアルタイガーマスク」とあるのは、彼は以前、児童養護施設に務め、漫画のタイガーマスクと同様に施設の子供たちと触れ合っていたためである)。


そのユーモアセンスと文体、また交友ある格闘家の横顔をスケッチする能力が絶賛されている。



入場曲はmessiah(横須賀パンダ)。



リスト::格闘家