勝長寿院

地理

勝長寿院

しょうちょうじゅいん

かつて日本の鎌倉時代初期に源頼朝相模国鎌倉御堂ヶ谷(現在の神奈川県鎌倉市雪ノ下)に建立した寺院。山号は阿弥陀山。鶴岡八幡宮永福寺と共に当時の鎌倉の三大寺社の1つだった。室町時代に廃寺となった。