勝田吉彰

サイエンス

勝田吉彰

かつだよしあき

1961年京都府生まれ。医局人事にしたがい勤務後、英国オックスフォード大学Littlemore Hospitalに留学。帰国後は臨床医を経て、1994年外務省に入省、医務官としてスーダンフランスセネガル中国に計12年間在勤し大使館員・家族・在留邦人の健康管理およびメンタルヘルスを担当。2006年中国大使館参事官医務官を最後に退官、近畿福祉大学(現神戸医療福祉大学)を経て関西福祉大学社会福祉学部教授。

中国勤務時にSARS流行渦中、パニック状態の現地日本人社会の対応にあたったのを契機に、海外で発生する疾患のリスクコミュニケーションの必要性に目覚め、外務省退官後もインフルエンザMERS・エボラ熱・デング熱・ジカ熱・麻疹ヒアリ等でメディア出演多数こなしている。

ブログ

新型インフルエンザ・ウォッチング日記〜渡航医学ブログ

http://blog.goo.ne.jp/tabibito12

ミャンマーよもやま情報局

http://www.myanmarinfo.jp/

著書

翻訳