勝負服

キーワードの候補

2件

テレビ

勝負服

しょうぶふく

水曜どうでしょう「サイコロの旅3後編」にて大泉洋が着ていた、ウィルソンの紫ジャージ上下のこと。転じて、水曜どうでしょうで体力がいる企画を行うときに着てくるジャージのこと。

サイコロの旅3前編終了4日後、「北海道内でのロケ」と聞いていた大泉は「どんなことがあってもいいように」とジャージにスノトレという出で立ちの「勝負師の服」すなわち「勝負服」で収録に臨んだのが由来。

その後「サイコロ韓国」にて、鈴井貴之が自分の着用しているアディダスのジャージを自ら勝負服と呼び、「休日のパパ」とネーミング。この時は大泉もジャージだったが、「東京ウオーカー」では鈴井のみがジャージを着て東京都下を歩いている。

また、水曜どうでしょう最後の旅となった「ベトナム縦断1800km」で、ジャージがカビ臭くなってしまったのを大泉が明らかにしている。

スポーツ

勝負服

しょうぶふく

競馬において、騎手がレースに騎乗するとき上に着る服。かつてはサテン生地がほとんどを占めたが、今は空気抵抗を減らしたエアロフォームの勝負服が増えている。

中央競馬の場合は馬主がそれぞれ自分の色、柄のデザインを(馬主によっては何種類か)登録しており、騎手馬主に合わせて毎レース着替えて騎乗する。

地方競馬では、各騎手が自分の勝負服(各自の色柄)を持っており、レースを見慣れると誰が乗っているかすぐ分かるようになる。

地方在籍馬が中央競馬に出走する場合は、当然馬主勝負服を着るが、中央で馬主登録をしていない馬主の馬は、帽色と同じ枠順色との染め分けになった特別な貸服を借りて着る。