勝利の方程式

スポーツ

勝利の方程式

しょうりのほうていしき

スポーツにおける勝つための秘策。
特にプロ野球において、一方のチームがリード時に、勝ちに行く継投策の呼称。

投手分業制が確立し、リリーフ投手が中継ぎ・抑えと分業化された1990年代中頃から使用され、2005年に阪神タイガースセントラル・リーグを制した際に活躍したリリーフユニット「JFK」のおかげで、重要性を改めて認識させることとなった。

有名な勝利の方程式

専用の呼称がある例

ロケットボーイズ東京ヤクルトスワローズ、2001〜2004)
五十嵐亮太石井弘寿
当初は高津臣吾を出す前のセットアッパーを務めていた2人。のちに高津の渡米で五十嵐が、五十嵐の負傷離脱で石井がクローザーに就く。
JFK阪神、2005〜2008)
ジェフ・ウィリアムス藤川球児久保田智之
YFK千葉ロッテマリーンズ、2005〜2007)
薮田安彦藤田宗一小林雅英
2005年に日本シリーズを戦った、阪神JFKの後追いという命名経緯もあり、本人たちは気に入ってなかったという。
クアトロK(横浜ベイスターズ、2005〜2007)
木塚敦志加藤武治川村丈夫マーク・クルーン
正式に命名されたのは2006年。
HAMの方程式北海道日本ハムファイターズ、2006〜2007)
武田久マイケル中村
2006年には、岡島秀樹を加えて「TOMの方程式」と呼ばれることもあった。
風神雷神読売ジャイアンツ、2008〜2010)
山口鉄也越智大祐
セットアッパー2人に対する呼称。当時巨人ではクルーンクローザーを務めていたが、クルーン退団後も2人が年間を通してクローザーに就いたことはない。
SBM48福岡ソフトバンクホークス、2009〜2010)
2009年に攝津正、ブライアン・ファルケンボーグ馬原孝浩で構成された「SBM」に、ソフトバンク背番号48を着けていた甲藤啓介を加えたユニット。
スリーマウンテンズ(東北楽天ゴールデンイーグルス、2010)
小山伸一郎青山浩二片山博視
「〇山」という苗字のセットアッパー3人組。
スコット鉄太朗(巨人、2012〜2014)
スコット・マシソン、山口、西村健太朗

専用の呼称がない例

日本ハム
武田久宮西尚生を軸に、増井浩俊や外国人セットアッパーが並ぶ布陣が基本。2014年からは、不調が続いた武田に代わって増井がクローザーに就く。
楽天
初期には、小山、青山、渡邊恒樹などから福盛和夫への継投がパターン化されていた。2015年から松井裕樹クローザーに定着するが、その前に出てくる顔ぶれは流動的。
西武
1990年代潮崎哲也鹿取義隆のコンビや、2000年代前半の、森慎二豊田清のリレーが有名。
ヤクルト
ロケットボーイズ解散後、林昌勇、トニー・バーネットなどを軸にしたリレーを編成。2015年には、オーランド・ロマン、ローガン・オンドルセク、バーネットの外国人リリーバートリオを擁してリーグ優勝した。
巨人
「勝利の方程式」という呼び名自体、1993年橋本清石毛博史のリレーを、当時の監督だった長嶋茂雄がこう呼んだのが由来と言われている。また、巨人クローザーは毎年のように入れ替わる激務であり、スコット鉄太朗はかなり珍しい例とも言われる。

:ロッテ:

横浜DeNA
1990年代後半に、島田直也盛田幸妃佐々木主浩のトリオが確立されて快進撃が始まる。
中日
岩瀬仁紀→外国人クローザー方程式が1999年から定着。2004年に岩瀬クローザーに就き、2010年前後には浅尾拓也岩瀬という必勝リレーを形成。
阪神
2003年に入団したウィリアムスは、JFKが生まれる前から吉野誠安藤優也らと方程式を形成。
JFK解散後は、主に安藤と福原忍リリーフ陣の核を務めていた。
オリックス
JFKを編成した岡田彰布が2010年に監督に就いたことで継投策の重視度が高まり、平野佳寿岸田護でリレーを形成。平野はその後クローザーに定着する。

:広島:

ソフトバンク
ホークス福岡へ移転後初となる日本一に輝いた1999年には、篠原貴行ロドニー・ペドラザのリレーを確立。