スマートフォン用の表示で見る

勝麟太郎

一般

勝麟太郎

かつりんたろう

勝海舟の幼名および通称。

海舟というのも本名ではない。佐久間象山から受領の篆刻「海舟書屋」からとったもので号である。

本名義邦 (よしくに)、維新後改名して安芳。

これは幕末武家官位である「安房守」を名乗ったことから勝 安房(かつ あわ)として知られていたため、

維新後は「安房」を避けて同音(あん−ほう)の「安芳」に代えたもの。勝本人は「アホウ」とも読めると言っている。


勝 海舟 / 勝 安芳(かつ かいしゅう / かつ やすよし)は、江戸時代末期から明治期にかけての幕臣政治家位階勲等は正二位勲一等伯爵。