勝鬘経

読書

勝鬘経

しょうまんぎょう

仏教における中期大乗仏教経典の1つ。サンスクリット原典は失われ、チベット語訳と、求那跋陀羅訳及び菩提流支訳の2種の漢訳経典が残っている。「維摩経」とともに古くから在家のものが仏道を説く経典として用いられている。