商店街振興組合

社会

商店街振興組合

しょうてんがいしんこうくみあい

日本の商店街振興組合法によって組織された法人組織。

商店街で営業している小売店や銀行などが加盟している。アーケードの建設や運営を行ったり、街路灯の整備などといったハード面の整備から歳末セールや中元セールなどのソフト面の事業を行ったりしている。

組合を設立するには、市部にあって、小売業やサービス業を営む事業者30名が近接して商店街を形成し、その上、会員資格を有する者の3分の1以上が組合員として加盟し、且つ、総会員の2分の1以上が小売業やサービス業従事した者でなければならないとされる。