スマートフォン用の表示で見る

商品先物取引法

社会

商品先物取引法

しょうひんさきものとりひきほう

【Commodity Futures Trading Act】

日本の先物取引の適正な運用のためと投資者の保護のための法律

(昭和二十五年八月五日法律第二百三十九号)

2011年平成23年)1月1日より、「(旧)商品取引所法」と「海外商品市場における先物取引の受託等に関する法律(通称、海先法)」を併合して、名称を「商品先物取引法」に変更した。

(目的)

第一条
この法律は、商品取引所の組織、商品市場における取引の管理等について定め、その健全な運営を確保するとともに、商品先物取引業を行う者の業務の適正な運営を確保すること等により、商品の価格の形成及び売買その他の取引並びに商品市場における取引等の受託等を公正にするとともに、商品の生産及び流通を円滑にし、もつて国民経済の健全な発展及び商品市場における取引等の受託等における委託者等の保護に資することを目的とする。


以下、略

関連用語
商品先物取引所金融商品取引所金融商品取引法