嘗糞

一般

嘗糞

しょうふん

中国朝鮮半島で古代を中心に行われた民間療法の一種。人間の糞を舐めて、その味が苦ければその人物の体調は良くなっており、甘ければ体調が悪化していると判断していた。