スマートフォン用の表示で見る

将棋電王トーナメント

コンピュータ

将棋電王トーナメント

しょうぎでんおうとーなめんと

将棋電王トーナメントは、最強のコンピュータ将棋ソフトを決める大会。

2013年11月2-4日に第1回大会が開かれた。

コンピュータの能力による差異をなくすため、統一ハードウエアでソフトを稼働させ、優勝ソフトには“電王”の称号が与えられる。

2013年大会の上位5ソフトは「第3回将棋電王戦」に出場する権利が与えられる。

主催は株式会社ドワンゴ公益社団法人日本将棋連盟

2013年大会

出場ソフト(開発者)

  • AWAKE(巨瀬亮一)
  • Apery?(平岡拓也)
  • ponanza(山本一成、下山晃)
  • ひまわり(山本一将)
  • Selene(西海枝昌彦)
  • 習甦?(竹内章)
  • K-Shogi?(本田啓太郎)
  • Labyrinthus?(細羽英貴)
  • メカ女子将棋?(竹部さゆり、渡辺弥生、酒井美由紀、辻理絵子、木村健
  • scherzo?氏家一朗)
  • YSS?(山下宏)
  • やねうら王?(磯崎元洋、岩本慎)
  • カツ丼将棋?(松本浩志、福田栄一
  • Bonanza保木邦仁
  • ツツカナ(一丸貴則)
  • Calamity?(川端一之)
  • クマ将棋?(上瀧剛)
  • N4S?(横内健一)

対戦方式

予選リーグ・決勝トーナメントを行い、予選リーグの上位12ソフトが決勝トーナメントへ進む。

コンピュータ予選参加チーム数が16に満たない場合には予選リーグは行わない。

※予選リーグにおいて、参加ソフトが奇数となった場合、対戦組み合わせにおいて余ったソフトを不戦勝とする。

予選リーグ

予選リーグは完全スイス*1で8回戦まで実施。

決勝トーナメント

決勝トーナメントは、予選リーグの順位に基づき、指定したトーナメントの組み合わせで行う。

決勝トーナメントは、トーナメントで1位〜4位を決め、準々決勝の敗者4ソフトで5位決定トーナメントを実施。

対戦方法

  • 対戦はすべて平手戦。
  • 対戦開始予定時刻は、主催者がその10分前までに決定し発表。
  • 対戦は、対戦サーバを介して行う。

持ち時間

  • 予選リーグの持ち時間は15分、持ち時間消費後は10秒将棋で対局を行う。
  • 決勝トーナメントは持ち時間2時間、切れ負けとする。

賞金

1位 250万円/2位 100万円/3位 70万円/4位 50万円/5位 30万円

結果

1位:ponanza

2位:ツツカナ

3位:YSS

4位:やねうら王

5位:習甦

*1:完全スイス式とは、各回毎に、その回の直前までの勝ち:1、引き分け:1/2、負け:0と成績によって組を分け、同成績の組で対戦していく

将棋電王トーナメント
目次