小唄勝太郎

音楽

小唄勝太郎

こうたかつたろう

歌手 (1904年11月6日〜1974年6月21日)

名前からして男性と思われがちだが、実は、女性である。(本名=真野かつ)

新潟県出身日本橋芸者をした後、歌謡界の世界へ。

1934年発表の「東京音頭」は、夏の盆踊りの定番になるほどの大ヒットを博す。昭和40年代の懐メロブームでは欠かせない存在となり、テレビで数多くのヒット曲を披露した。

1974年、69歳で死去。