スマートフォン用の表示で見る

小学館ノンフィクション大賞

読書

小学館ノンフィクション大賞

しょうがっかんのんふぃくしょんたいしょう

小学館が主催するノンフィクション(未発表原稿)を対象とした公募制の文学賞ノンフィクション作家の登竜門のひとつと位置づけられている。

1993年週刊ポストSAPIOにて「21世紀国際ノンフィクション大賞」として創設され、第7回より現在の名称となる。小学館社員による選考会で最終候補作(通常5篇)を選び、その後外部の選考委員によって受賞作が決定する。 現在の選考委員は椎名誠関川夏央高山文彦二宮清純平松洋子の5名。賞金は500万円(第13回までは1000万円)。受賞作は小学館より単行本として刊行される。その際、改題されることも多い。