小玉明利

スポーツ

小玉明利

こだまはるとし

プロ野球選手。近鉄バファローズの監督。通称「あきとし」。

右投右打、ポジションは三塁手背番号は2→3番。

1935年6月10日生まれ。兵庫県尼崎市出身。

神崎工高から1953年、テスト生として近鉄パールスに入団。

1年目は一軍出場は無かったものの、2年目から三塁手レギュラーを務めた。

ピストル打線の中軸打者とし、二塁打を打つことを得意とした。

1962年から1965年まで4年連続3割を記録するなど、長きにわたって巧打者として活躍した。

1960年代を代表する三塁手として活躍。低迷するチームを支えた。

1967年、選手兼任監督に就任。三原脩招聘の為に監督を解任。退団する。

1968年、一選手として阪神タイガースに移籍。

1969年2000本安打まであと37本を残して、34歳の若さで現役を引退。ベストナイン5回。オールスター出場9回。


引退後は球界復帰せずに大阪府に在住。


2000年、近鉄球団創立50周年記念のOB戦に出場した。