小軍鶏

動植物

小軍鶏

こしゃも

 小シャモと書くことも多い。昭和16年8月に天然記念物に指定された。主な飼育地は茨城県東京都などです。我国へは徳川時代初期(1600年頃)にタイ国より導入されました。その名前は、タイ国(当時、シャム)の国名に由来します。闘鶏に用いられる他、肉質が美味なため、肉用鶏の改良素材として利用されています。体格には種々のものがありますが、からだの大きさ(雄について)により大シャモ(5.6kg)、中シャモ(4.lkg)および小シャモ(1.2kg)に分けられ、大と中は闘鶏用として、小は愛玩用としてそれぞれ飼育されています。


http://raumenzuki.hp.infoseek.co.jp/jidori.htmを少し改変して転載。


http://birdmansroom.fc2web.com/kosyamo.htmlから赤笹小軍鶏の写真を転載。