スマートフォン用の表示で見る

小坂修平

読書

小坂修平

こさかしゅうへい

1947年岡山県生まれ。東京大学中退。79年から執筆活動を始め、哲学・思想を中心に幅広く評論活動を展開した。

91年の休刊まで雑誌『オルガン』を編集。『イラスト西洋哲学史』(宝島社)で哲学入門書のブームのきっかけをつくる一方、駿台予備校小論文講座を長年担当し、深く考えて、よい論文を書くためのテクニックを教えた。

2007年没。