スマートフォン用の表示で見る

小山田二郎

アート

小山田二郎

おやまだじろう

画家。スタージ・ウェバー症候群だった。

1914年中国安東県に生まれる。

1936年武蔵野美術大学中退。

1937年〜1944年独立美術協会、美術文化協会出品。

1947年自由美術家協会会員 となる。

1950年1969年日本アンデパンダン展、日本国際美術展、現代日本美術展 、秀作美術展に出品。

1952年瀧口修造の推薦によりタケミヤ画廊で初個展、以降 毎年個展を行なう。

1959年団体展に疑問を持ち、自由美術家協会を脱会する。 発表の場を個展中心に行なう。

1991年死去。

1994年小田急美術館、栃木県立美術 で回顧展。 又、油彩画の他に色彩豊な水彩画を多数製作する。