スマートフォン用の表示で見る

小山内薫

読書

小山内薫

おさないかおる

明治14年(1881)生まれ、昭和3年(1928)歿。作家、劇作家、演出家。

府立一中(現・日比谷高校)などを経て、東京帝大英文科在学中に第一次「新思潮」を創始、新派俳優伊井蓉峰の文芸部員として「真砂座」入座、森鴎外三木竹二兄弟に認められ「歌舞伎」に執筆するなど、若くして鋭峰を示す。明治42年、二代目左團次と「自由劇場」を開始、大正13年「築地小劇場」を土方与志と起こし新劇運動の中心的存在となる。多くの西欧の戯曲を上演し、新劇界の草創期をつくった。「新劇の父」の異名がある。