スマートフォン用の表示で見る

小山裕史

スポーツ

小山裕史

こやまやすし

1956年11月14日 - )

多くのトップアスリートを指導するフィットネスコーチ。鳥取県出身鳥取県鳥取高等学校大阪経済大学を卒業後、身体理論を学び、1994年に初動負荷理論を発表し、これまでのトレーニングの常識を覆す。これによりイチローのライオン走法や陸上の伊東浩司の10秒00の大記録を生み出す。

日本スケート連盟日本陸上競技連盟日本水泳連盟日本柔道連盟のフィットネス・コーチ等を歴任し、現在、ワールドウィング・エンタープライズ代表。

早稲田大学人間科学研究科博士課程修了。鳥取大学医学部客員教授を経て、現在高崎健康福祉大学保健医療学部理学療法学科教授。