スマートフォン用の表示で見る

小松菜

小松菜

こまつな

アブラナ科の一年生または二年生葉菜。ウグイスナとも言う。漬菜の一つで、在来種のカブから出たとされる。葉は楕円形で繊維は少ない。寒さに強く冬期に収穫できる。品種改良され、多くの品種がある。

現在の江戸川区小松川近くに鷹狩りにやってきた八代将軍徳川吉宗が、神社で昼食に出された菜っぱのおいしさに感激し、地名の小松川から小松菜と名付けた事が由来とされている。

東京都が日本で一番の収穫地。

:植物