小松崎茂

アート

小松崎茂

こまつざきしげる

絵物語プラモデルの箱絵、「少年マガジン」大図解、図鑑の挿絵等で知られる画家。ネットで有名な「イルカがせめてきたぞっ」も、この人の絵。

大正4年(1915年)2月14日、東京南千住生まれ。

日本画家の掘田秀叢、挿絵画家小林秀恒に師事。昭和13年(1938年)より小樽新聞の小説「白狐奇談」の挿絵でデビュー。昭和14年(1939年)には国防科学雑誌「機械化」や「少年倶楽部」などで活躍。戦後、大衆向け雑誌の小説挿絵を始め、昭和23年(1948年)に少年誌「冒険活劇文庫」の『地球SOS』や「おもしろブック」の『太平原児』などで人気絵物語画家となる。月刊少年誌学年誌の口絵で、未来画や最先端機械を描き、昭和32年(1957年)に東宝特撮映画「地球防衛軍」のメカデザインで参加した。昭和34年(1959年)からは週刊少年誌戦記物口絵、挿絵でも活躍。

昭和36年(1961年)からプラスチック・モデルの箱絵を依頼され、昭和42年からの「サンダーバード」などの箱絵も代表作といわれる。平成7年(1995年)に自宅を焼失後も、ポスター画などで活躍した。

平成13年(2001年)12月7日、心不全で永眠。