スマートフォン用の表示で見る

小松帯刀

社会

小松帯刀

こまつたてわき

本名、小松清廉薩摩藩士。1835〜1870年

土佐藩との薩土同盟を結ぶなど外交交渉に手腕を発揮、維新後は新政府で参与と総裁局顧問の公職を兼務した。