小数

小数

(サイエンス)
しょうすう

実数を表現する為にもちいられる表記法のひとつ。例えば、43.21など。有限桁で表現できる物を有限小数といい、できない物を無限小数という。

同音異義語の「少数」は数が少ないという意味。

小数を漢字で表すと、
   分(ぶ)         0.1
   厘(りん)        0.01
   毛(もう)        0.001 
   糸(し)         0.0001
   忽(こつ)        0.00001
   微(び)         0.000001
   繊(せん)        0.0000001
   沙(しゃ)        0.00000001
   塵(じん)        0.000000001
   埃(あい)        0.0000000001
   渺(びょう)       0.00000000001
   漠(ばく)        0.000000000001
  模糊(もこ)        0.0000000000001
  逡巡(しゅんじゅん)    0.00000000000001
  須臾(しゅゆ)       0.000000000000001
  瞬息(しゅんそく)     0.0000000000000001
  弾指(だんし)       0.00000000000000001
  刹那(せつな)       0.000000000000000001
  六徳(ろくとく)      0.0000000000000000001
  虚空(こくう)       0.00000000000000000001
  清浄(せいじょう)     0.000000000000000000001
 阿頼耶(あゆら)       0.0000000000000000000001
 阿摩羅(あまら)       0.00000000000000000000001
涅槃寂静(ねはんじゃくじょう) 0.000000000000000000000001


小数は、今(2010)から400年程前、ベルギーのシモン・ステビン(1546〜1620)という人が発明。
それまでは、はしたの数を表すのに分数が使われていました。
ステビンは、はしたの数も整数と同じように表すことはできないかと考え、分母を10,100,1000,…のような数に
すればよいことに気づいた。
ステビンは次のように小数を表した。
            0123
5.912……………5912


その後、多くの人がもっと簡単に小数を表せないかと考え、現在のような表し方になりました。


こんな表し方も 5|912

ネットの話題: 小数

人気

新着

新着ブログ: 小数