スマートフォン用の表示で見る

小菅修船場跡

地理

小菅修船場跡

こすげしゅうせんじょうあと

長崎県長崎市小菅町にある国の史跡。船台式ドック、煉瓦造りの機械室、英国製巻上げ機などがらなる。遺構の外見からソロバンドックの名で親しまれている。

概要

1868年明治元年)12月に完成した日本初の西洋式ドックである。小松清廉や五代友厚、トーマス・グラバーらが計画して造られた。翌年、明治政府が買収し、長崎製鉄所の付属施設となる。所長は平野富二。1884年(明治17年)、三菱所有となり、現在の三菱重工業長崎造船所の礎となる。

1969年昭和44年)に国の史跡に指定。